知的に生きるヒント

すぐそこにある秘境、三宅島に船でゆく [PR] #tokyo #tokyoreporter #tamashima #miyakejima

東京都には山も島もあるのはご存知だと思いますが、なかなかそうした「隠れた東京」を体験することはまれだと思います。アクセスのしかたがわかりにくかったり、どのような楽しみ方があるのかガイドブックが少なかったりするからです。 そうした隠れた魅力を発掘する、東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして、今回三宅島に派遣されましたので、いくつかの記事にわけて、この関東の目と鼻の先にある秘境についてご紹介したいと思います。 船でのアクセスは驚くほど気楽…

夜の迎賓館が美しくライトアップ。24, 25日には特別開館も

迎賓館・赤坂離宮は、もともと明治に東宮御所として建築された国内で唯一のネオ・バロック様式の西洋宮殿建築です。 この日本の宝である迎賓館が、24日、25日限定でライトアップされる特別開館が予定されています。今回はその記者内覧会に参加することができましたので、その魅力をご紹介したいと思います。 先に言っておきますと、このライトアップの特別開館、12日24時までに申し込みをする必要がありますので、ビビッときたひとは今すぐ登録してください。遅めの時間が、けっこう空いてますよ!…

私のブログを、盗まないでほしい

健康に関係する情報を扱いながら、専門性にかけていたり、間違いのあるクオリティの低い記事を量産していたとして話題になった DeNA の WELQ が一旦閉鎖になったというニュースになっています。 これについては DeNA の守安氏も「記事の作り方に問題がある」「認識が甘かった」とコメントを出しておられます。ぜひこれを機会に、読んでくださる読者のことを念頭に、コンテンツのクオリティを高めていただければと思います。…

15年ぶりに大復活したマクドナルド「かるびマック」で舌の記憶よ、よみがえれ! [PR]

15年ぶりに復活したというマクドナルドの「かるびマック」の試食会に行ってきました。 最初に登場したのが1998年、その後1999年に再販売、2000年には「Newかるびマック」としてリニューアル、2001年にもさらに再販売され、それから15年です。そうそう、当時もビーフパティのうえにカルビを乗せるというアイデアに「ひえええ」と反応し、実際に食べてみたら「いけるじゃないか」と一転して人気商品になった流れがありましたよね。懐かしい。…

フジシマサッコ個展「これまでと、これから」つくばで30日まで開催中

工場、配管、そして埋め尽くされることで意識される空間の実相。以前も紹介しました画家、フジシマサッコさんの個展「これまでと、これから」がつくばで開催されていましたので、会期が半ばも過ぎた週末、ドライブもかねて拝見しにいきました。 実はわたしは筑波大学出身で、生命環境科学研究科というところで博士号をとりました。つくばには大学から大学院まで14年もいましたので、どんな小道もなつかしいふるさとのような場所です。…

横須賀市が3つの「ヨコスカGO」割引でPokémon GO集客へ

市長自らが「ヨコスカGO」宣言をして、イングレス、Pokémon GOのリアルワールドゲームの支援を打ち出した横須賀市が、矢継ぎ早にPokémon GOトレーナー向けの取り組みを発表しています。 無人島猿島「ヨコスカGO割」、ドブ板バザールdeポケモンGO、そして東京湾フェリーの「ヨコスカGO割」です。海のうえでポケモンゲットですと!? Pokémon GO が楽しくなくなったら、遠くに行く口実にすればいい 実のところ、Pokémon

「指輪物語」の時系列にそってつぶやくツイッターアカウント、ShireReckoningをフォローしよう

私も J.R.R. トールキンの「指輪物語」に人生を狂わされた一人ですが、毎年この季節になると瀬田貞二訳で読み返すのが毎年の習慣となっています。 指輪物語、あるいはいまでは「ロード・オブ・ザ・リング」といったほうが通りがよいのかもしれませんが、この作品の中では明確なカレンダーと時系列が設定されています。…

シン・ゴジラ発声可能上映で感じた「いま見にゆくべき」理由

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督の最新作、「シン・ゴジラ」がネット上で大いに人気で、深夜だろうといつツイッターを開いても、可能な限りネタバレを避けながら、その楽しさやうんちくについて語っている人がいるほどです。 欧米で映画のセンチメント・アナリシスをしている友人からは、「シン・ゴジラ」については通常の10倍ものツイート数が流れていて、しかもさまざまな感情や評価が入り乱れていて「これ」と指し示す方向性がないという話題も耳にしました。…

「ヘイル・シーザー!」大映画時代を蘇らせてから見事に台無しにするコーエン兄弟の新作はスクリーンでみるべし

Adobeの Adobe Creative Cloud 動画オーサリングツールの新機能の記者発表にてコーエン兄弟の新作「ヘイル・シーザー!」の上映会が行われ、招待をうけて参加してきました。ぜひ映画ファンに見てもらいたい佳作なので筋のネタバレなしで紹介したいと思います。…