DSC_1058
イベント

ワンドラフェスに出展していた「常石造船」の謎 [PR]

ワンダードライビングフェスティバル」では、私たちの生活を楽しく、あるいは楽にしてくれるさまざまな企業の出展がありました。でもなかには、一見では頭のなかでつながらない不思議な企業も展示がありました。

「撮影にも使えるプロ仕様のドローン」うむ、わかります。「ヤマハ発動機の電動スクーターや自転車」うむうむ。「スマートフォンでコントロールできる IoT電池 MaBeee」ほほう、これは先進的ですね。

「アジアを拠点にばら積み貨物船、タンカー、木材チップ運搬船、コンテナ運搬船などを建造している常石造船です」 えっ!?

聞けばこの常石造船株式会社、ワンダードライビングフェスティバルのゴールドスポンサーなのだそうです。「興味があったら記事を書いてください(笑)」と主催者である野間さんにも話を振られましたので、ぜひぜひということでざっくりと話をうかがいました。

大きすぎてわからないものが主力製品

DSC_1061

生活感あるブースが多いなかワンダードライビングフェスティバルの会場では異彩を放っていたのですが、常石造船は「創業の地、常石」を中心に、フィリピン、中国にも拠点をもっている造船会社だとのこと。

福山市からほど近い、海岸沿いにある常石港、このあたりですね。Wikipediaによれば法人格としては二代目とはいえ、元となった塩浜造船所は1917年創業ですから、来年で100年企業といってもよい存在です。

products_tess_01_01

主力製品は TESS(Tsuneishi Economical Standard Ship)のような、3万トンクラスの輸送船、5万トンクラスのばら積み貨物船、1万トンのコンテナ船などです。うむ、スケールが大きすぎてわからない。

IMG_0026

そんな常石造船が配布していたのが、こちら、オリジナルペーパークラフトの船です。って、普通の船ではなくてタンカー! しかもこれ、調べてみるとギニア共和国のボーキサイトの主要積出港、カムサール港に入港可能な最大長229メートルの巨大船であることから命名されたフラッグシップ、KAMSARMAX Bulk Carrier (カムサマックス)です。

skitched-20160219-104408

特設ページまである!

YouTubeチャンネルもあるし、進水式の様子も動画になってます! なにこれ熱い。

普段、陸の上にいてビルに囲まれているとあまり意識しないと思いますが、実は私たちの生活にとって海の道は必要不可欠です。

燃料、物資、製品を作るための原材料。そのすべてが、止まることのない海上の物流の流れに支えられているのです。職場の研究所から浦賀水道をながめていると、こうした物流をささえる巨大貨物船がみえない瞬間はありません。

常石造船のつくるもの、それはこうした表からみえない「社会の動脈」そのものなのです。

ガチで難しかった常石造船のペーパークラフト

IMG_0032

と、その凄さの説明が一切ないままペーパークラフトが置いてあるわけですが、これが予想以上に難しいものでした。ミニ四駆が難しいなら船を子供に作らせておこうかと考えていたのですが、そんな生易しいものではありません。

説明書からして、「1. 船体を作ります」「2. 甲板とくっつけてください」というレベルの無茶振りで、大人が本気になって作っている様子がそこかしこで見られました。

P2145676-10.jpg

なお、当家は途中であきらめてミニ四駆に移りました。

水上機事業が2016年から開始

seaplane

他の企業の出展に比べて、日常とかけ離れていた常石造船ですが、もう少し私たちに近いニュースとして、水陸両用機を使った遊覧事業というニュースがあります。

ツネイシホールディングスの関連企業である「せとうちSEAPLANES(シープレインズ)」がアメリカのKodiac100を導入して4月から運行を予定しているこちらのサービスでは、尾道のリゾートホテルからの周遊や空港をつなぐルートを検討しているそうです。

map1

とてもお値段が高そうですねこれは…。でも水上機による航空事業は国内では半世紀ぶりとのことで、とても夢がある話です。

私も本業が船関係ですが、見たことがあるのは船長210メートルの「ちきゅう」が最大ですので、それを越えるタンカーレベルの船はいつか見てみたいですね。次回のワンダードライビングフェスティバルでは水上機のペーパークラフトも登場するのでしょうか?

期待しています!

(常石グループはワンダードライビングフェスティバルのスポンサーです。関係性明示の観点でタイトルには [PR] を入れています)

DSC_1529

About the author

堀 正岳

堀 E. 正岳。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、Lifehacking.jpClimate+を運営しています。

著書に「理系のためのクラウド知的生産術」」(講談社ブルーバックス)、「Evernoteオールインワンガイド」(インプレス・共著)、「iPhone習慣術」(インプレス・共著)、「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド・共著)、「情報ダイエット仕事術」(大和書房)

ブログ管理人:

Featured:

檜原村探訪2015

Travel