IMG_0303
アプリ

外国文学の名作を20分で読める分量で届けるSerial Reader

ありとあらゆる割り込みや、別の誘惑がある忙しい世の中にあって、座って読書をする習慣を身につけるのはなかなか難しいことかもしれません。いわんや、それが19世紀頃に書かれた英文学の名作ともなると、好きな人でもなければついていけません。

iOSのアプリ、Serial Readerは、真っ向からとりくむと大きすぎるように思える読書を、約15分から20分程度で読むことのできるサイズに分割して、毎日それを届けるというアプリです。対象となっているのは著作権がきれている過去の洋書の名作ばかり。

しかも、なかなかちゃんと考えられていて、次の断片が届くのが楽しみになる場所で区切ってくれているのです。これは、とても楽しい!

Serial Readerの仕組み

Serial Reader の Serial は、「連続」という意味です。アプリをひらくと、さまざまなジャンルにわかれた作品の一覧を見ることができます。

IMG_0301

冒険小説、アメリカ文学、ロシア文学。ブロンテ姉妹にわざわざカテゴリがわけてあって作者のお気に入りっぽいのがいいですね。イギリス文学が少ないのは著作権の関係でしょうか。

IMG_0302

特に長い作品のカテゴリを見ると、何回に分かれているのかがわかります。モンテクリスト伯が208号、カラマーゾフの兄弟が152号ですね。一日20分だから意識しないかもしれませんが、69時間、51時間に相当します。そんなものですよね。

モンテクリスト伯は途中から手が止まらなくなるのでもっと速く読めそうですが、このアプリは先読みをさせてくれません。毎日、設定した時間に次の号が届くのを、新聞小説のように待たないといけないのです。

並行読書に最適

とりあえず、英語では読んだことがなかったブラム・ストーカーの「ドラキュラ」を登録してみました。リーダー画面はフォントとその多きさ、画面の横幅と色のテーマを選択することができます。

IMG_0306

いくつかの本を登録して読んでみたところ、単純に分量でばっさりと切っているのではなく、ある程度筋を追いかけて、その日はここで切ってよかろうという場所を選んでいる形跡があります。

IMG_0305

また、ゲーミフィケーションの要素も盛り込まれていて読書を何日連続で行ったのかが表示される仕組みになっています。

明日までは次の節を読むことができませんので、興味を持ってどんどんと読み進めたい本よりも、長い時間をかけて平行して読んでおきたい本を割り当てて、数ヶ月で読み上げるという読書に最適です。

現時点では、いくつかバグがあるようですし、ソーシャルメディアへの投稿などといった機能はないようですが、作者はアクティブに開発をおこなっているようですのでそのうち追加されることでしょう。

日本版を作ってみたい。いや、作ろう

即座に思ったのは、こうしたアプリの日本版がほしいという点です。似たようなものはすでにあると思いますが、自分の好きな作品を、適当とおもわれる分量に分けてゆくのも面白そうです。また、同様の本を何人が読んでいて、どの部分まで読み進めたのか、どこで挫折したのかといった情報を集約するのもいいでしょう。

これは Swift の手習いに良さそうなので、まずは自分用にアプリを作ってみようかなと思います。完成したら公開しますね。

About the author

堀 正岳

堀 E. 正岳。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、Lifehacking.jpClimate+を運営しています。

著書に「理系のためのクラウド知的生産術」」(講談社ブルーバックス)、「Evernoteオールインワンガイド」(インプレス・共著)、「iPhone習慣術」(インプレス・共著)、「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド・共著)、「情報ダイエット仕事術」(大和書房)

ブログ管理人:

Featured:

檜原村探訪2015

Travel