ライフ×メモ

5秒間入力がないとすべてが消えてしまう強引なエディタFlowstate

進捗、どうでしょうか?

原稿を書いている際に手詰まりになってしまうのは、えてして細かい点や流れが気になってしまい、そのままでは筆をすすめてもよいものか悩みが心に忍び込んだったりします。それをなかば強制的に原稿を進めるようにしてくれる強引なエディタが Flowstate です。なんとこのエディタ、書いていて5秒間手が止まると、そこまでに書いたテキストがすべて消えてしまうのです。

信じられない設計しそうですが、少しだけ、これには理由があるのです。

時間を選び、文字が流れだすにまかせる

Flostateを使うと、まず全画面でエディタが起動します。テキストの名前を選び、あとは時間と、フォントを選んだら執筆時間開始です。

こうなると、選択した時間が終了するまではそこまでに書いたテキストをコピーすることも、セーブすることもできません。しかも手をとめてしまうとしだいにテキストが薄くなって、5秒が経過するとすべてが消えてしまいます。この様子を2分ほどの時間を圧縮した動画にまとめておきました。

なるほど、日本語の場合は変換の途中待ってくれませんので、5秒以上変換にかかっているとテキストが消えてしまいますのでこれはどちらかというと英語向きのツールです。

skitched-20160201-232754

しかし Flowstate には面白い理屈が背景にあります。それは、文章を作成する際に最低限集中してとりくむべき時間があり、その間は書き直しや、語句の適切さなどは気にかけずにただ創造性があふれるにまかせて書き続けるほうがよいという考え方です。

これには多少の訓練が必要です。あまり文章を書き慣れない人は、執筆しながら次の文章を考えることがなかなかできないでしょうから、Flowstate を使ってもイライラするだけかもしれません。

しかし慣れてくると、5分の時間で文章を集中して生み出すフロー状態へと移行することができるようになるというのがアプリの製作者たちの哲学です。

skitched-20160202-000210

設定した時間が過ぎると、入力した文書は編集モードに入って5秒で消える心配をせずに推敲し、エキスポートすることが可能になります。

Flowstate は OSX と iOS でそれぞれのバージョンがリリースされていますが、こうした制限のある仕様に1800円のアプリというのはちょっと高いかもしれません。ただ、強制的にクリエイティブな状態に思考を追い込むには有効な手段なのかもしれません。

使ってみたいという人は、日本語では使いにくい(ほとんど苦行)だというのを念頭に、この先進んでください。

使うのが怖い!でも独特な、濃密な時間が生み出される感覚を体験することができます。

堀 正岳

堀 E. 正岳。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、Lifehacking.jpClimate+を運営しています。

著書に「理系のためのクラウド知的生産術」」(講談社ブルーバックス)、「Evernoteオールインワンガイド」(インプレス・共著)、「iPhone習慣術」(インプレス・共著)、「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド・共著)、「情報ダイエット仕事術」(大和書房)

ブログ管理人:

Featured:

檜原村探訪2015

Travel